The Catcher in the music

アラサーの音楽、アウトドア好きのブログです。

AutoDrawを試したら、猫が虎になった。

GoogleがAI学習機能を応用した、
ドローイングアプリ「AutoDraw」をリリースしたようです。

“AutoDraw”の特徴は、キャンバスに手書きした図形を認識し、本職のアーティストが描いたイラストを提案してくれること。人が描いた絵を人工知能に当てさせる実験サイト“Quick, Draw!”と同じ技術が使われているとのことで、認識の精度はなかなかのもの。絵心のない人が描いた絵でさえも、ワンタップでキレイなイラストへ変えることができる。

Google、機械学習を応用した無償のオンラインお絵描きツール“AutoDraw”を発表 - 窓の杜

おもしろそうだったので、まずはQuick,Drawの方からトライしてみました。

f:id:kekko96:20170412140450p:plain

「Let's Draw!」をクリック。

f:id:kekko96:20170412140549p:plain

いきなり20秒以内に絵を描いてね。
と、言われましても・・・。
6枚ひたすらそれを繰り返しました。

f:id:kekko96:20170412140806p:plain

ちなみに、左から「くま」「はと」「ピザ」「きのこ」「メガネ」「ドーナツ」のつもりだったんですが、全部はずれました!www
これは画力の問題なのか?!w
20秒では細かく描写することは無理だからしかたないじゃないか!
いささか不安を覚える人工知能。

f:id:kekko96:20170412141019p:plain

不安を感じながらAutoDrawのサイトにアクセス。
「Start Drawing」でスタート。

f:id:kekko96:20170412141200p:plain

とりあえず、猫です。
うっすら点線で囲まれてる範囲が変換対象になるみたいです。
変換したい絵をクリックしてみると・・・。

f:id:kekko96:20170412143433p:plain

猫が立派なトラになりました!w
なんか求めていたものと違うけど、立派なトラに生まれ変わりました。

こんな細かく書き込まなくてもなんとなく輪郭がそれっぽい段階で変換候補が出てきていたので、ここまで書き込む必要はないかもしれません。

理想を言えば、自分の描いた線を綺麗に整えてテイストを維持してくれたら尚良な感じもしますが、いろいろ遊ぶには面白そうです。

www.autodraw.com