The Catcher in the music

アラサーの音楽、アウトドア好きのブログです。

在宅勤務のメリットとデメリットを考えてみた【クズ】

本記事、非常に私事かつ愚痴です。

諸事情で来週から在宅勤務の運びとなりました。
詳細は伏せますが、通告されたのがつい先週のこと。
いやはや…参っちゃいますね!
いろいろ書くと問題が出そうなので多くは語りませんが、1ヶ月限定の在宅勤務が来週から始まります。
あまり前向きな気持ちにはなれないので、在宅勤務のメリットとデメリットを考えてみました。
有意義な1ヶ月にしようと思いいます。

在宅勤務で思いつく限りのメリット

f:id:kekko96:20171020142521p:plain

1.満員電車による通勤時間がなくなる

在宅勤務の最大のメリットはこれなんじゃないでしょうか。
現在往復で3時間くらい通勤時間に割かれているんですが、在宅勤務なら通勤時間0秒!なんならもう寝ながら仕事してやるぜぐらいな勢い。
3時間も自分で使える時間が増えるので、しばらくは通勤時間をウォーキングかジョギングタイムにするつもりです。
身体を動かさないと絶対に太るしね。非常に危険。

2.化粧しなくてよくない?なんなら着替えなくてもよくない?!

すでに廃人臭するタイトルですが、在宅で人に会う予定もないならすっぴんでいいじゃんと思っています。
なんならノーブラでパジャマのままでもいいじゃない!!!!
…いや、これはさすがに人として腐りそうなので服は着替えます。
あと眉毛くらいは書きますね(やっぱやる気ない)

3.お昼ごはんが楽

今までは節約のために毎日ではないけどお弁当をつくっていました。
でも、在宅ならそれも不要!!!
適当にあるもので作ればいいので気分的にかなり楽です。

もしくは近所の美味しいお店を探すのもいいかもしれません。
まだ引っ越して間もないので少し散策しようかな。

4.音楽聴き放題、なんならテレビも見放題

職場でも音楽はBGMで流していますが、自分の趣味かと言われると必ずしもそうではありません。
在宅勤務ならもうどんな音楽を聴こうが自由!NO MUSIC NO LIFE!!!!(うざい)
集中力がキープできるならテレビ流しててもいいわけです。最高!!

5.対人ストレスゼロ

職場の人間に会わないので面倒な気遣いは不要になります。
ストレスゼロ社会!
でも、それほどギスギスした職場ではないので、普段からあまり対人ストレスは感じていませんでした。

在宅勤務で思いつくデメリット

1.交通費カットによる交通費地獄

在宅勤務になることで交通費をカットされました。
つらい。
普段定期を使ってるとあまり意識しないと思うんだけど、往復で結構いい電車賃になるんですよね。
今持ってる定期が11月頭で切れるので、払い戻しても大した額にならないためそのままにします。。
定期が切れたら電車極力乗りたくない・・・。(出不精確定)

2.作業効率の低下

会社のデスク環境は、モニター+macbook proなので要は2画面構成。
コーディングとかちょっとした資料作成ならmacbookだけでもいけるっちゃいけるんだけど、
photoshopとか辛いんだよね。。。
まぁ、どんだけ残り1ヶ月の間にphotoshop使うかわかんないけど!(投げやり)

3.誘惑が多くて仕事に集中できない

基本的に自宅は働くことを考慮していないので、誘惑がいっぱいなんですよね。
好きな本もCDもゲームも手の届くところにあるし、なんなら大好きなお酒もすぐそこに…(さすがに飲まないけど)
物理的な誘惑も去ることながら、自分の意志の弱さ侮れない。。。
部屋の何処かにやる気スイッチがあることを祈るよ。

4.光熱費の負担

微々たるものかもしれないですが、家にいれば電気ガス水道は何かしら利用しますからね。ケチかもしれないけど、単純にやだなー。

5.家事の負担増

これは完全にマイ家族ルールになってしまうんですが、共働きなので家事は分担して行っています。ほぼ半々。
1人暮らしの時より楽になりました。ありがたい。夕飯は先に帰宅した方がを作ることにしていて、
後片付けの洗い物はその逆が担うことでバランスをとってるかんじです。

これが完全に在宅勤務だと崩壊するんですよね…。
やだー!!このままだと私が毎晩夕飯担当になっちゃう!!!!
毎日料理つくってる奥様は本当偉いなと思いますよ…。
嗚呼めんどくさい。毎日はさすがにつらいな。。。
家族会議です。

さいごに

こうやって書き連ねていくと、自分がただのクズな気がしてきました…。
はやく新しい職見つけなきゃな…。
幸あれ…!